読書は趣味というより娯楽です

読書エッセー、たまに子育て日記

【2019年本屋大賞 大賞】血の繋がりだけが家族じゃない。家族の形態は変わっても、全然不幸ではないのだ。『そして、バトンは渡された』瀬尾まいこ

 

『そして、バトンは渡された』瀬尾まいこ

 

全国書店員が選んだいちばん売りたい本2019年本屋大賞 大賞

家族よりも大切な家族

 

【2019年本屋大賞 大賞】そして、バトンは渡された

【2019年本屋大賞 大賞】そして、バトンは渡された

 

 

あらすじ

森宮優子、十七歳。継父継母が変われば名字も変わる。だけどいつでも両親を愛し、愛されていた。この著者にしか描けない優しい物語。 「私には父親が三人、母親が二人いる。 家族の形態は、十七年間で七回も変わった。 でも、全然不幸ではないのだ。」  

 

 

 

パラメーター

平易★・・・・難解

リアリティ・・・★・ファンタジー

個人的★・・・・社会的

 

感想

オススメ度 ★★☆ 星2つ

瀬尾まいこさんは以前よく読んでいた作家さん。

本屋大賞の大賞ということで、3年ぶりに読んでみた。

そうそう、瀬尾さんの物語には“悪い人”が出てこない。

読んだ後に心が温かくなる作風なんだよなぁーっと、読みながら思い出した。

親が変われば、子はグレる、病むなどが普通の設定。

あえて?全く問題を抱えていない子というのは、面白い設定だと思った。

「親が変わる=不幸」のような勝手な思い込みを反省した。

瀬尾さんの本は『そして、バトンが渡された』に限らずどの本も、読書初心者、中高生が読みやすい内容、文体。

内容が重い本ばかりだと疲れるので、リフレッシュ感覚で読むのに丁度よい。

 

関連本

 『幸福な食卓』ちょっと変な家族の話。

幸福な食卓 (講談社文庫)

幸福な食卓 (講談社文庫)

 

 『卵の緒』家族をテーマにした短編集。

卵の緒 (新潮文庫)

卵の緒 (新潮文庫)

 

 

関連記事

2018年本屋大賞 大賞『かがみの孤城』の感想

girl-book.hatenablog.com

 『春、戻る』の感想

girl-book.hatenablog.com

 

ランキング

他の記事も読みたくなったら読者登録できます!

 

 

応援クリックお願いします

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 


読書日記ランキング