読書は趣味というより娯楽です

読書エッセー、たまに子育て日記

【2019ノンフィクション本屋大賞ノミネート作品】安楽死と尊厳死の違いは?自分らしい最期の迎え方『安楽死を遂げた日本人』宮下洋一

 

安楽死を遂げた日本人』宮下洋一

 

NHKスペシャルで大反響!

安楽死は私に残された最後の希望の光です。

 

安楽死を遂げた日本人

安楽死を遂げた日本人

 

 

日本で安楽死は認められていない。

日本人がそれを実現するには、スイスに向かうしかない。

それにはお金も時間もかかる。

四肢の自由もきかない。

ハードルはあまりに高かった。

しかし、彼女の強い思いは、海を越え、人々を動かしていった――。 

 

 

 

内容紹介 

理想の死を求めてスイスに渡った日本人患者、家族、そして筆者の葛藤までをありのままに描き、日本人の死生観を揺さぶる渾身ドキュメント。

 

目次

第一章 我が運命の支配者

第二章 孤独と歩む

第三章 幸運を祈ります

第四章 焦りと混乱

第五章 最高の別れ

第六章 家族を取り戻した男

第七章 遺灰

 

パラメーター

平易・・★・・難解

リアリティ★・・・・ファンタジー

個人的・・・★・社会的

 

感想 

オススメ度 ★★★ 星3つ

本のタイトルからもわかるように、安楽死を遂げることはわかりながら読み始めたので、心が乱れることなく、穏やかな気持ちで死を迎えるシーンを読めた。

最後の章、残された姉たちが妹との思い出を語る場面には泣かされた。残された家族もきちんと納得しての安楽死だったこと。そして、亡き小島ミナさんの魅力がひしひしと伝わってきたからだ。

30代、今のところ健康な私には死を自分事として考えることが出来ない。緩和ケアもセデーションについても本書で知った。

「幸せであっても楽しくない」難病を患った小島ミナさんの本音。死生観を問われる内容だった。

 

関連本

安楽死を遂げた日本人』お試し版

【お試し特別版】安楽死を遂げた日本人

【お試し特別版】安楽死を遂げた日本人

 

 前作『安楽死を遂げるまで』講談社ノンフィクション賞受賞作

安楽死を遂げるまで

安楽死を遂げるまで

 

こちらもお試し版あり

【お試し特別版】安楽死を遂げるまで

【お試し特別版】安楽死を遂げるまで

 

 

関連記事

ノンフィクション本屋大賞2018ノミネートした全ての本の感想

girl-book.hatenablog.com

 

ランキング

他の記事も読みたくなったら読者登録できます!

 

 

応援クリックお願いします

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 


読書日記ランキング