読書は趣味というより娯楽です

読書エッセー、たまに子育て日記

【鹿の王の続編】天才医術師・ホッサルが主人公!助手のミラルとの気になる身分違いの恋の行方は!?『鹿の王 水底の橋』上橋菜穂子

 

『鹿の王 水底の橋』上橋菜穂子

 

2015年本屋大賞受賞作『鹿の王』の、その先を描いた命の物語。

歩いてきた道は違うけど、辿り着いた先は同じ。

 

鹿の王 水底の橋

鹿の王 水底の橋

 

 

内容紹介

『鹿の王』の主人公の一人、オタワルの医術師・ホッサルの物語。ふたつの医術の対立を軸に、人の命と医療の在り方を描いた傑作エンタテイメント!

 

目次

序章

第一章 真那の故郷

第二章 秘境 花部

第三章 鳴き合わせ、詩合わせ

終章

 

パラメーター

平易・・・★・難解

リアリティ・・・・★ファンタジー

個人的・・・・★社会的

 

 

 

 

感想

オススメ度 星3つ ★★★

今回も夢中になり、一晩で読んでしまいました。心地よい寝不足。

宗教の違い、次期皇帝をめぐる対立もあり、歴史小説を読んでいるような。

オタワル医術と清心教医術の考えの違いは、医療サスペンスを読んでいるような。

様々な思惑が絡み合っていて、最後の最後まで、誰が何を企てたのかがわからない。

ある意味ミステリー小説を読んでいるような感覚。

恋愛要素もあり。

ちょっぴり傲慢なホッサルをミラルがさり気なくサポートするところがいいですよね。

お似合いの二人の身分違いの恋もついに・・・!

言いたい!!けど、ネタバレになるから言えない。

全てが「水底の橋」というタイトルに詰まっている。

どれほど昔に沈んだのか、泥をかぶって、緑の藻に覆われていてな…それでも、川底を横切ってずっと向こうの対岸まで繋がっていた。橋だった頃の姿を残して、水底で繋がっていた

時間に余裕のある方は、ぜひ前作から読み通して。

 

関連本

『鹿の王』を読んでからの方が国や宗教、人物像がイメージしやすい。ホッサルの活躍、医術の対立・・・より物語が楽しめる。

 

鹿の王【全4冊 合本版】 (角川文庫)
 

 

ランキング

他の記事も読みたくなったら読者登録できます!

 

 

応援クリックお願いします

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 


読書日記ランキング