読書は趣味というより娯楽です

読書エッセー、たまに子育て日記

【青春×ミステリ】古典部シリーズ約6年ぶりの最新刊!『いまさら翼といわれても』米澤穂信

 

『いまさら翼といわれても』米澤穂信

 

大人気!古典部シリーズ第6弾!

メンバーの過去と未来が垣間見える、瑞々しくもビターな全6篇。

 

いまさら翼といわれても (角川文庫)

いまさら翼といわれても (角川文庫)

 

 

内容紹介

 謎解きを通し〈古典部〉メンバーの新たな一面に出会う、シリーズ第6弾。

 

パラメーター

平易★・・・・難解

リアリティ★・・・・ファンタジー

個人的・★・・・社会的

 

感想

オススメ度 ★★☆ 星2つ

古典部シリーズ初読みでも楽しめる内容だけど、やはり第1弾の『氷菓』から読んだ方が物語の世界観に入り込めると思う。

アニメ化もされ、ジャンルはライトノベルになるのかな?

シリーズも長期化して、古典部は今から10年以上前の時代。

高校生が携帯電話を持っていないなど、スマホ世代からすれば信じられないだろうなぁ。

30代前半は懐かしく感じると思う。

2019.01読了/2019.06訂正

 

関連記事

 古典部シリーズではない米澤穂信の青春ミステリ

girl-book.hatenablog.com

 米澤穂信本格ミステリーを読みたいなら『満願』がおすすめ

girl-book.hatenablog.com

 

ランキング

他の記事も読みたくなったら読者登録できます!

 

 

応援クリックお願いします

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 


読書日記ランキング