as I am

主に本のこと。たまに日記。

【翻訳ライブラリー】最高の短編集『大聖堂』レイモンド・カーヴァー/村上春樹翻訳




ああ、これは最高の短編だわー

どの短編も良くて、これも好きだな、こっちも好きだな、次はどうかな?とワクワクしながら読み進め、最後に収録されている表題作でもある『大聖堂』がもう圧巻!久しぶりに胸が波打ちました。失礼ながら前回読んだ『愛について語るときに我々の語ること』は、どうしてレイモンド・カーヴァーが短編小説の名手と言われているのかわからなかった。もちろん読み手である私の不甲斐なさが原因なのだけれど。そんな私ですら「ああ、これは最高の短編だわー」と全身で納得してしまいました。

 そして、解題。なんで最高なのか、どこが面白いのか、レイモンド・カーヴァーの短編のどこが素晴らしいのかを解説してくれる。私は感覚で読むので、快感の理由が書かれているのは有難かった。そうか、これはこういう理由で私はこう思ったのか。ふむふむ。

大聖堂 (村上春樹翻訳ライブラリー)

大聖堂 (村上春樹翻訳ライブラリー)

 

内容紹介

「ぼくが電話をかけている場所」「ささやかだけれど、役にたつこと」ほか、一級の文学としての深みと品位をそなえた、粒ぞろいの名篇を収録。成熟期の風格漂う、カーヴァー最高の短篇集。

目次 

夢の残影 日本版レイモンド・カーヴァー全集のための序文 テス・ギャラガ

羽根

シェフの家

保存されたもの

コンパートメント

ささやかだけれど、役にたつこと

ビタミン

注意深く

ぼくが電話をかけている場所

列車

大聖堂

解題 村上春樹

お気に入り度 星3つ ★★★

本棚に置いておいて、いつでも読める状態にしておきたい一冊。

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村