as I am

主に本のこと。たまに日記。

ベストセラー本の第2弾!今の家でもっとシックに暮らす方法「フランス人は10着しか服を持たない2」ジェニファー・L・スコット




 

 

「フランス人は10着しか服を持たない2」ジェニファー・L・スコット

実用書・フィクション部門で2015年年間ベストセラー第1位の「フランス人は10着しか服を持たない」の第2弾を早速読んだ。

1は著書がパリに留学し、滞在先のマダム・シックでの暮らしがどんなにシックかということが書かれている。2は著書がカリフォルニアに戻り、子育てをしながらシックに暮らす著者流(アメリカ流?!)にシックにアレンジされ、「アメリカ人は10着しか服を持たない」になっている。(いい意味で)

よりシックが具体的され、私にも真似しやすくなっている。お掃除リスト、ワードローブ、ティー・サラダ・スムージーのレシピ、スキンケア手順、子育て方法は参考になる。

 

フランス人は10着しか服を持たない2

フランス人は10着しか服を持たない2

 

 

目次

Introduction シックてどういうこと?

・シックな人たちから感じる不思議な魅力とは?

・「自分らしくある」ということ

・「暮らしの達人」は毎日シック

・心が深く満たされるために必要なこと

・毎日が「かけがいのない1日」になる

・マダム・シックのように「しなやに」生きる

part1 毎日を特別に生きる
chapter1 フランス流の暮らしのコツ

・「家しごと」を楽しむフランス人

・もういちどわが家に恋をしよう

・「引っ越してきた日」を思い出す

・いまの家で「暮らし」をデザインする

・インドでは憧れの「2LDK」

・家にひと目ぼれした日を思い出す

chapter2 いつでも片付いた家になる方法

・「見て見ぬふりコーナー」は作らない

・トイレと洗面台のチェックリスト

・スケジュールを作成する

・シンプルなお掃除スケジュール

・外で働いている人も毎日少しずつ

・細部へのこだわりこそ暮らしの楽しみ

・ホテルみたいなタオルのたたみ方

・時間を区切って片付ける

・「散らかしやすい場所」は目にするたびに片付ける

・「片付かない場所」に手をつける

・なにをするときも心をこめて

part2 一日をシックに過ごすためのタイムスケジュール
chapter3 「特別な1日」にするための朝の魔法

・目覚めは五感を呼び覚ますことをする

アファメーションで自分をポジティブに

・朝のしたくが早くなるちょっとしたコツ

・シンプルな10着から服を選ぶ

・「おしゃれ」を恥ずかしがらない

・「女らしさ」を楽しむ

・自分らしいコーディネートを見つける

・自分だけのお楽しみを朝に仕込む

・朝の美容はクリエイティブ!

・出かける前の身だしなみチェック

・働く女性の朝のしたく

・口うるさく小言を言わない

・お気に入りの飲み物はゆっくり味わう

・新しいレシピにもチャレンジする

・朝食はきちんと座って味わう

カリフォルニア流スムージーで朝から野菜を

・午前11時のコーヒーブレイク「イレブンズィズ」

・ブランチで気軽なおもてなしにチャレンジ!

・数秒の片付けで一日じゅう気分がよくなる

・エクササイズは日常のなかでする

・運動するときもシックなウェアで

・五感で「いま、この瞬間」を楽しむ――マインドフル・モーニング

・出かけよう

chapter4 優雅な午後にひとり時間を楽しむ

・出かけない日でも身ぎれいにする

・オフィスも工夫しだいでシックになる

・いいかげんなランチにしない

・シャットダウンの時間をもつ

・お受験レースに参加しない

・予定を詰めこみすぎない

・自立した子になるゆったり育児

・やる気を出す「タイマーお方付け」

・午後にできる気分転換のアイディア

・手作りのアロマで香る家に

・昼間のお片づけは1ヵ所だけ

・ホワイトビネガーで作り万能クリーナー

・1週間の夕食のメニューを決める

・シックな午後にするアイデア

・お出かけの日はスロークッカー

・月曜日は下ごしらえの日にする

・得意料理をもつ

パリジェンヌ風ファンシー・フルーツサラダ

・息抜きの外出を大切にする

郵便物はどこかに置く前に整理する

・アフターヌーンティーを楽しむ

・カジュアルなアフターヌーンティー

・少しフォーマルなアフターヌーンティー

・フォーマルなヌーンティー

・花のある家にする

・テレビのつけっぱなしはやめる

・思いどおりに行かない日は気持ちを切り替えて

・体を動かしながら瞑想する

chapter5 とっておきの夜の過ごし方

・カクテルアワーの習慣をもつ

・夕食の時間を大切にする

・母親は「お手伝いさん」になってはダメ

・カロリーは忘れる!

・テイクアウト料理だってシックにできる

・テーブルマナーを守って素敵なディナーにする

・心から満足する夕食にするために

・「いちばんよい物」をふだんから使う

・ささやかなホームパーティーからチャレンジして

・他人を変えようとするのはシックじゃない

・アートにふれて視野を拡げる

・子どもに楽しく片付けさせる作戦

・家族の団らんを「イベント」にする

・子どものお風呂と寝かしつけにイライラしないで

・「15分お片付け」で翌朝が変わる

・寝る前の1分で朝食のテーブルセッティングもできる

・夜のボディケアもスケジュールを組んで

・自分でマニキュアを塗るときのコツ

・自分でペディキュアを塗るときのコツ

・寝ているあいだにトリートメント

・角質を除去するボディスクラブ

・唇をなめらかにするリップトリートメント

・セルフメンテナンスの合わせ技

・夜のスキンケアの手順

・年齢を重ねるほどシックになれる

・ごほうびの時間

・静かなひとときをもつ

・寝るまえはオフラインでくつろぐ

・ぐっすり眠ろう

・あなたの家の魂

役者あとがき

 

感想

1を読むとマダム・シックに憧れつつも「パリに暮らしてるからでしょ」「裕福だからでしょ」「家が大きいからでしょ」など、自分がシックに暮らせない言い訳をつい探してしまう。

2は住む場所も収入も関係なく、子育てしながらでも、働きながらでもシックに暮らせるという。豊かな生活とは自分の気持ちの持ちようで、何かや誰か(夫や子供!)のせいにしてはいけないのだ。

girl-book.hatenablog.com