as I am

主に本のこと。たまに日記。

警察小説の最高峰!横山秀夫のオススメ短編小説F県警強行犯シリーズ第一弾「第三の時効」横山秀夫




第16回山本周五郎賞候補作。

「この警察小説がすごい!ALL THE BEST」第1位

第三の時効 (集英社文庫)

第三の時効 (集英社文庫)

 

 

内容紹介

(「BOOK」データベースより)

殺人事件の時効成立目前。現場の刑事にも知らされず、巧妙に仕組まれていた「第三の時効」とはいったい何か!?刑事たちの生々しい葛藤と、逮捕への執念を鋭くえぐる表題作ほか、全六篇の連作短篇集。本格ミステリにして警察小説の最高峰との呼び声も高い本作を貫くのは、硬質なエレガンス。圧倒的な破壊力で、あぶり出されるのは、男たちの矜持だ―。大人気、F県警強行犯シリーズ第一弾。

目次

沈黙のアリバイ

第三の時効

囚人のジレンマ

密室の抜け穴

ペルソナの微笑

モノクロームの反転

 

 

 

オススメ度 星3つ ★★★

完成度が高い!読んで間違いない短編小説!

感想

横山秀夫は父の最近のお気に入りの作家ということで読みました。私が読書好きなのは間違いなく父の影響なのですが、本を共有したことはありません。好みが違う(と思っていた)ので、父の本棚は素通りでした。里帰り出産の為に実家に居座り、話し相手が両親しかいないと共通の話題である読書(と赤ちゃんと野球)になり、自然と父の本棚に手を伸ばしていました。そして、横山秀夫を読むならまず「第三の時効」が読みやすいと勧められました。

父のオススメは間違いありませんでした。やばい、面白い!読者を魅了する濃い登場人物たち、刑事と犯人、時には刑事同士の心理戦、推理小説には欠かせないどんでん返し、最後に心に深く考えさせられる闇。授乳しながら、抱っこしながら夢中で読んでいました。実家にいる間は横山秀夫の小説を読み進めていきたいと思います。

印象に残った文章

「女ってのはそういう生き物だ。自分の得になりそうな物は最後の最後まで引きつけておくんだ。体でも何でも使ってな」

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村