読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

as I am

主に本のこと。たまに日記。

直木賞史上初の平成生まれ受賞作家の初エッセイ「時をかけるゆとり」朝井リョウ

時をかけるゆとり (文春文庫)

時をかけるゆとり (文春文庫)

 

 圧倒的に無意味な読書体験

ダ・ヴィンチ」BOOK OF THE YEAR 2015(エッセイ・ノンフィクションランキング)1位

 

内容

 

便意に司られる日々、職業を偽り続けた美容院、バスローブ姿で歩いた100キロの道程、母のケアレスミス、眼科医と築き上げた犬猿の仲、何故か自転車で行った京都・・・・

ゆとり世代の切なさ、おかしみ、全部。

時をかけるゆとり (文春文庫)

時をかけるゆとり (文春文庫)

 

就職活動生の群像「何者」で戦後最年少の直木賞受賞者となった著者・朝井リョウ。初エッセイ集では天与の観察眼を縦横無尽に駆使し、上京の日々、バイト、夏休み、就活そして社会人生活について綴る。「ゆとり世代」が「ゆとり世代」を見た、切なさとおかしみが炸裂する23編。「学生時代にやらなくてもいい20のこと」改題。

 

感想 

 

同じゆとり世代として同感しながら読みました。上の年代は懐かしく思いながら読めるのではないでしょうか。

私は大学には進学していないので、友人から聞き、本や映画から得たものを合わせてイメージするしかないのですが、朝井リョウの大学生活は私の想像通りでした。ゆとり世代だからではなく、バカなこと、下らないことが面白く感じるのは若さゆえです(と思いたい)。誰にでも1つや2つバカな思い出があるはず。旅行を失敗する(その2)はバカというより常識が無さ過ぎて若干ひきましたが。

著者本人のキャラクターがわかるエッセイでした。文章がツイッター、ブログっぽいところはゆとり世代のエッセイという感じでしょうか。直木賞作家のエッセイというより、書くのが上手いゆとりのエッセイ感を強く感じました。(この内容ならはてなブログの大学生や若い男性が書いているブログの方が面白いのでは・・・と思ってしまった)編集の人からちょいちょいイベント参加命令が発令しているようではありますが、私は何気ない日常のエッセイが読みたいです。イベントがなくても面白く読ませる技術はあると思うので、期待しています。

 

 

著者(自己)紹介

 

1989(平成元)年、岐阜県出身。早稲田大学文化構想学部卒業。2009年「桐島、部活やめるってよ」で第22回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。お腹が弱い。10年「チア男子!!」でスポーツ選手ならではの大人数の書き分けに失敗。13年「何者」で第148回直木賞を受賞し、一瞬で調子に乗る。14年「世界地図の下書き」で第29回坪田譲治文学賞を受賞するが、「イイ話書いてイイ人ぶってんじゃねぇ」と糾弾される。春服と秋服が全く同じ。物持ちがいい。バカ舌。

 

目次

 

年表

学生篇

便意に司られる

ダイエットドキュメンタリーを撮る

地獄の100キロハイク

他学部の授業で絶望する

モデル(ケース)体験をする

母校を奇襲する

黒タイツおじさんと遭遇する

コンセプトカフェに潜入する

旅行を失敗する

旅行を失敗する(その2)

眼科医と衝突する

母がいろいろと間違う

スマートなフォンに振り回される

バイト先がつぶれる

ピンク映画で興奮する

リアル脱出ゲームで絶望する

地獄の500キロバイ

知りもしないで書いた就活エッセイを自ら添削する

自身の就職活動について晒す

社会人になることを嫌がる

社会人篇

直木賞を受賞しスかしたエッセイを書く

直木賞で浮かれていたら尻が爆発する

若手システムエンジニアになりすます

解説 かなり素敵な世代 光原百合 

発育に悪影響!妊娠中だけでなく、出産後(授乳中)もお酒は飲めません

産婦人科に行ってきました。

胎のう(赤ちゃんを包んでいる小さな袋)が確認でき、妊娠していることがわかりました。

心拍はまだ確認出来ていません。

流産する可能性が高いので、両親には心拍が確認できてから妊娠していることを伝えるように言われました。それまで内緒です。

妊娠していると何となく勘付いてはいても、胎のうの写真を見て、先生に告げられると気持ちが高ぶりました。すぐに主人にもメールで報告しました。

 

f:id:tonarino-k-yome:20170112115409j:plain

 

夜、主人はお祝いにとシャンパンを買って帰ってきました。

「出産終わったら飲もう!」と上機嫌でした。

妊娠検査薬の時は表情があまり変わらず、喜んでいるようには見えなったので、シャンパン好きの私の為に買ってきてくれたのは素直に嬉しいです。

ただ・・・

「出産した後も授乳があるから飲めないよ」

「え?そうなの?」

「お店の人何か言ってなかった?」

「困った表情してたかも・・・・」

嬉しさよりも出産に対する知識の無さに驚いてしまいました。

私の不安さを察してか「俺、子供好きだから大丈夫だよ」「コウノドリ読もうかな」と呟いていました。

好きだけでは育てられませんよね。私もきちんと知識を得たいと思います。

 

 

買ってきてくれたシャンパンにはもちろん記載があります。

妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

どう判断するかは母親です。妊娠中に喫煙する母親だって何人もいます。

悪影響になるものを100パーセントなくすことは不可能です。でも、リスクを減らすことは出来るのではないかと私は思うのです。

 

恋愛とは?不倫とは?夫婦とは?恋愛小説の女王が恋愛の本質を描く「真昼なのに昏い部屋」江國香織

真昼なのに昏い部屋 (講談社文庫)

真昼なのに昏い部屋 (講談社文庫)

 

恋愛のあらゆる局面を描いた中央公論文芸受賞作

 

あらすじ

 

軍艦のような広い家に夫・浩さんと暮らす美弥子さんは、「きちんとしていると思えることが好き」な主婦。アメリカ人のジョーンズさんは、純粋な彼女に惹かれ、近所の散歩に誘う、気づくと美弥子さんはジョーンズさんのことばかり考えていた―。

 

 

感想

 

2016年、世間を賑わせた“不倫”の話です。

この本を読むまで私は不倫に容認的でした。理由はいくつかありますが、一番の理由は恋愛とはそういうものだと思っていたからです。不倫も似たようなもので相手がたまたま結婚していただけだと。彼女(彼氏)がいる人を好きになった経験ある人もいるでしょう?

美弥子さんはジョーンズさんの手助けで“世界の外”に出ます。知らなかった世界を知るということは、とてもワクワクしますし、自分がドラマの主人公になったような気分になります。何だって出来る気がするのです。

ヒーローだから敵を死に追いやることが許されるけど、現実では正義だからといって人殺しは許されない(なぜか戦争は別だけど)。不倫も同じで映画や本などの想像の世界では許される行為だと私は思っています。想像上のヒーロー(ヒロイン)に自分がなるのは自制心がないからです。美弥子さんは世界の外に出たことによって、セーブし過ぎていた自制心の反動からコントロールが効かなくなってしまったのです。

そう思った途端、初めて不倫に対して嫌悪感を抱きました。(結婚をした、子供が出来たという自分自身の変化が影響もしているのは否定できませんが)主要人物である美弥子さん、浩さん、ジョーンズさんの3人の心情にも読むほど苛立ってきます。3人とも驚くほど自分中心で物事を考えています。自分の行動、発言でどう未来が変わるのか全く頭に過ぎりもしないのです。その結果が最後の結末だと思います。

小説、映画、ドラマという空想の世界だから楽しめることもあるのではないでしょうか。だから、昔から不倫を題材にしたものがあり、根強い人気があるのです。それが恋愛だから現実もOKとはならないのです。現に自制出来ている人もいるわけですから。

恋愛という誰もが経験したことのある感情をここまで読み手を揺さぶるのは、さすが江國香織だなぁと思いました。個人的にはドロドロしていない江國香織作品の方が好きですが。