as I am

主に本のこと。たまに日記。

映画化!ドラマ化!恋愛に行き詰った女性にオススメの小説「伊藤くんAtoZ」柚木麻子

こんな男のどこがいいのか。

ほろ苦く痛がゆい、著者会心の成長小説。

伊藤くんA to E (幻冬舎文庫)

伊藤くんA to E (幻冬舎文庫)

 

傷つきたくない男と女の逃れがたき現実をとことん描いている。

後半が逸材だ。

読むと自分の本当の顔が見えてくる、最高の肝試し小説。

この本は、毒か薬か?!

すべてはあなたの内側の、闘争心次第。

 

内容

 

それぞれに魅力的な5人の女性を振り回す、伊藤誠二郎、27歳。

顔はいいが、自意識過剰、無神経すぎる男に彼女たちが抱く恋心、苛立ち、嫉妬、執着、優越感―。

 

伊藤くん  A to E

伊藤くん A to E

 

 A

伊藤に長い間片思いするが、粗末に扱われ続けるデパート勤務の美人

B

伊藤からストーカーまがいの好意を持たれる、バイトに身の入らないフリーター

C

伊藤の童貞を奪う、男を切らしたことのないデパ地下ケーキ店の副店長

D

処女は重いと伊藤にふられ、自暴自棄になって初体験を済ませようとする大学職員

E

伊藤が熱心に通いつめる勉強会を開く、すでに売れなくなった33歳の脚本家

 

感想

 

「ランチのアッコちゃん」でお馴染みの柚木麻子さん。アッコちゃんシリーズ以外の小説も読んでみたくて手に取りました。ちょうど2018年初春に岡田将生木村文乃W主演で映画が公開ということも知ったので、その前に読んでおきたかったです。ドラマ化も決定してます!

恋愛に行き詰っている人に読んで欲しい小説だと思いました。他人の恋愛に関しては冷静に状況が見えるのに自分のことになると全くわからんくなるのが恋愛。

伊藤くんは見た目以外に魅力的なところがありません。最初から最後まで良さがわかりません。それでも好きになってしまうのが恋、周りがいくら反対してもどうにも出来ないのが恋。恋は盲目。登場する女性たちの恋心、嫉妬、優越感・・・それは認めたくないけれど、一度や二度抱いてしまったことが私には(きっとあなににも)あるはず。

 

著者紹介

 

【柚木麻子(ゆずき・あさこ)】

 1981年東京都生まれ。立教大学文学部フランス文学科卒業。

「フォーゲットミー、ノットブルー」でオール讀物新人賞受賞。2010年、受賞作を含む連作集「終点のあの子」でデビュー。3作目「嘆きの美女」がドラマ化。その他の著書に「あまからのカルテット」「けむたい後輩」「早稲女、女、男」「私にふさわしいホテル」「王妃の帰還」「ランチのアッコちゃん」がある。

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

マタニティ、ママが涙する出産・育児エッセイ「きみは赤ちゃん」川上未映子

夫婦円満

安産祈願 

きみは赤ちゃん (文春文庫)

きみは赤ちゃん (文春文庫)

 

芥川賞作家

号泣と爆笑の出産・育児エッセイ 

 

 

内容

 

35歳ではじめての出産。

それは試練の始まりだった!

きみは赤ちゃん (文春文庫)

きみは赤ちゃん (文春文庫)

 

芥川賞作家の川上未映子さんは、2011年にやはり芥川賞作家の阿部和重さんと結婚、翌年、男児を出産しました。つわり、マタニティー・ブルー、出生前検査を受けるべきかどうか、心とからだに訪れる激しい変化、そし て分娩の壮絶な苦しみ……妊婦が経験する出産という大事業の一部始終が、作家ならではの観察眼で克明に描かれます。 さらに出産後の、ホルモンバランスの崩れによる産後クライシス、仕事と育児の両立、夫婦間の考えの違いからくる衝突、たえまない病気との闘い、卒乳の時期などなど、子育てをする家族なら誰もが見舞われるトラブル にどう対処したかも、読みどころです。 これから生む人、すでに生んだ人、そして生もうかどうか迷っている人とその家族に贈る、号泣と爆笑の出産・育児エッセイ!

 

感想

 

 

ママたちにオススメ!とよく紹介されている「きみは赤ちゃん」を読みました。ただいま絶賛妊娠中の私は出産編でのつわり、身体・心の変化に「そうそう!」と同感し、出産話に不安と感動が入り交じった感情を抱きました。そして、楽観的に構えていた産後編に恐怖を持ち始めています。涙もあり、クスッと笑えるエッセイでした!

 

だいたいさ、夫が家事とか育児とかをする場合、「やってくれてる」って言いかたがあるけど、あれっていったい、なんなんだろう。

 

仕事も家事も育児行う現代社会の女性。結婚しない、子供をつくらない選択が増えるのも頷けるんですよね。女性への負担が大きすぎる!家庭の問題じゃなくて、社会の問題だと私は思います。

 

母親が感じるこの手の「申し訳ない感」を、おそらく父親のほとんどがもたないのではなかろうか。

 

私もツワリで動けない間に家事を主人にしてもらう時に申し訳なくて仕方がなかった。それがどうしてなのかは未だにわからない。社会的になのか、本能的になのか・・・私も産後は主人に対して今までにない感情を抱くんだろうなー、産後は地獄と言うけれどツワリ地獄よりマシだろう、と若干マタニティハイなので、やはり楽観視してます。

 

目次

 

 

出産編 できたら、こうなった!

 

陽性反応

つわり

出生前検査を受ける

心はまんま思春期へ

そして回復期

恐怖のエアロビ

かかりすぎるお金と痛みについて

生みたい気持ちは誰のもの?

夫婦の危機とか、冬

そして去ってゆく、生む生むブルー

いま、できることのすべて

乳首、体毛、おっぱい、そばかす、その他の報告

破水

帝王切開

なんとか誕生

産後編 生んだら、こうなった!

 

乳として

かわいい拷問

思わず、「わたし赤ちゃんに会うために生まれてきたわ」と言ってしまいそう

頭のかたちは遺伝なのか

3ヶ月めを号泣でむかえる

ひきつづき、かかりすぎるお金のことなど

髪の毛、お肌、奥歯に骨盤、その他の報告

父とはなにか、男とはなにか

夫婦の危機とか、夏

いざ、離乳食

はじめての病気

仕事か育児か、あらゆるところに罪悪感が

グッバイおっぱい

夢のようにしあわせな朝、それから、夜

ありがとう1歳

 

あとがき

 

著者略歴

 

川上未映子(かわかみ・みえこ)】

1976年、大阪府生まれ。

2007年、初めての中編小説「わたくし率 イン 歯一、または世界」が第137回芥川賞候補となる。同年、早稲田大学坪内逍遙大賞奨励賞を受賞。2008年、「乳と卵」が第138回芥川賞を受賞。同年、長編小説「ヘブン」を発表し、芸術選奨文部科学大臣新人賞、紫式部文学賞を受賞。2013年、詩集「水瓶」で高見順賞、短編集「愛の夢とか」で谷崎潤一郎賞を受賞。他の主な著書に「すべて真夜中の恋人たち」など。

2011年に作家の阿部和重氏と結婚、12年に男児を出産した。

  

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

クズ男性は読め!第152回直木賞受賞&2015年本屋大賞2位「サラバ」西加奈子

30代のクズを救えるのは、日本で西さんだけ。

マイナス思考の僕が泣きましたから。

—— オードリー 若林正恭

 

凄かった。

西加奈子の全部がここにある。

—— ピース 又吉直樹

 

サラバ! 上

サラバ! 上

 
サラバ! 下

サラバ! 下

 

 

内容

 

<上>

1977年5月、圷歩は、イランで生まれた。父の海外赴任先だ。チャーミングな母、変わり者の姉も一緒だった。イラン革命のあと、しばらく大阪に住んだ彼は小学生になり、今度はエジプトへ向かう。後の人生に大きな影響を与える、ある出来事が待ち受けている事も知らずに―。

<下> 

父の出家。母の再婚。サトラコヲモンサマ解体後、世間の耳目を集めてしまった姉の問題行動。大人になった歩にも、異変は起こり続けた。甘え、嫉妬、狡猾さと自己愛の檻に囚われていた彼は、心のなかで叫んだ。お前は、いったい、誰なんだ。

 

感想

 

里帰り出産の為に実家に帰省しました。田舎の図書館には古い本しか置いていないイメージでしたが、最新作も数多くありました。そして、借りる絶対数が少ないので、超最新作でなければ予約なしで読めます。私の住む町では「サラバ(上)(下)」が読めなかったのですが、ここにきてやっと読めました!

賞を受賞し、数々のメディアで紹介されるのが納得の作品

西加奈子さんはどの本を大きな外れなく面白いと思いますが、「サラバ」は圧倒的に面白い、凄いです。今年はあまり小説を読めていないのですが、私の個人的な2017年のベスト本ランキングに絶対入ると思います。今年これ以上の本に出合えるだろうか?というくらい気に入りました。

主人公と同じように女たちに苛立つ上巻

この長編はどういうストーリーなのか見当もつかない出だし。イラン、エジプトと馴染みのない国での生活は興味深く、いつの間にか引き込まれていきます。

上巻はとにかく超個性的な女性(母と姉)に振り回され、主人公を不憫に思います。一見、帰国子女+超個性的な家族構成は珍しいように感じますが、家族と学校が全ての世界のでは、周りにいる人たちの影響力は大きく、自分の力ではどうにも出来ないことがあるというのは主人公だけではないと思います。

女たちと同じように主人公に苛立つ下巻

東京の大学に進学した主人公は私より少し上の世代です。就職氷河期、フリーターという言葉が生まれた世代でもあり、下巻の主人公は時代背景にも強く影響されます。上巻では考えが大人びていた主人公の心の成長が急激に止まります。

私が女ということもあるかもしれませんが、上巻では女たち目線で主人公をみて、やきもきします。主人公のような男性は今の世の中とても多いように感じてしまうのは私だけでしょうか。 

20、30代の男性に読んでほしい本

ほぼ女性が主人公の西加奈子小説では珍しく男性が主人公の本です。西加奈子を読んだことがない男性にも長編ということを除けば比較的読みやすいと思います。

 

 でも私は私を信じる。私が私でい続けたことを、信じているの。

 だからもしそれが間違いだったとしても、もう私は壊れないわ。私は誰かに騙されていたわけでもない。私は私の信じるものを、誰にも決めさせたりはしないの。

 

私が男性作家の本を読まず、偏った本しか読んでいないからかもしれませんが、男性が主人公でダイレクトに人生観を訴えてくる現代の本は少ない気がします。女性が主人公は多いですけどね。揺れてる男性(女性も)は読んでみて欲しい小説です。

 

著書紹介

 

西加奈子(にし・かなこ)】

1977年5月、イラン・テヘラン市生まれ。大阪育ち。

2004年に「あおい」でデビュー。「通天閣」で織田作之助賞受賞。「ふくわらい」で河合隼雄物語賞受賞。ほかに「さくら」「きいろいゾウ」「円卓」「舞台」など著書多数。

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村