読書は趣味というより娯楽です

読書エッセー、たまに子育て日記

Amazonビジネス実用カテゴリー1位!!伝え方、書き方、動き方『アウトプット大全』樺沢紫苑

「メルマガ、毎日発行13年」「Facebook、毎日更新8年」

YouTube、毎日更新5年」「毎日3時間以上の執筆11年」

「年2~3冊の出版、10年連続」「新作セミナー、毎月2回以上9年連続」 

日本一情報発信をする精神科医がアウトプット術を公開!

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

 

▽内容紹介

数万時間を越える「アウトプット経験」をもとに確立した、圧倒的に結果が出る「アウトプット術」

▽目次

CHAPTER1 アウトプットの基本法則【RULES】

CHAPTER2 科学に裏付けられた、伝わる話し方【TALK

CHAPTER3 能力を最大限に引き出す書き方【WRITE】

CHAPTER4 圧倒的に結果を出す人の行動力【DO】

CHAPTER5 アウトプット力を高める7つのトレーニング法【TRAINING】

▽おすすめポイント

大全というよりも基本的な内容。

アウトプット方法を試行錯誤している人やビジネス書を読みなれている人には物足りないと思う。

正直、私には得られるものが少なく、分厚いわりには内容は薄いと感じた。

ただ、イラストやグラフ、表などが用いられている点はわかりやすかった。

2018.12読了/2019.06訂正

▽関連記事

 膨大な量をインプットしている池上彰佐藤優のインプット方法

girl-book.hatenablog.com

 

 

古典部シリーズ約6年ぶりの最新刊!青春ミステリー小説『いまさら翼といわれても』米澤穂信

大人気!古典部シリーズ第6弾!

メンバーの過去と未来が垣間見える、瑞々しくもビターな全6篇。

いまさら翼といわれても (角川文庫)

いまさら翼といわれても (角川文庫)

 

▽内容紹介

 謎解きを通し〈古典部〉メンバーの新たな一面に出会う、シリーズ第6弾。

▽パラメーター

平易○・・・・難解

リアリティ○・・・・ファンタジー

個人的・○・・・社会的

▽おすすめポイント

古典部シリーズ初読みでも楽しめる内容だけど、やはり第1弾の『氷菓』から読んだ方が物語の世界観に入り込めると思う。

アニメ化もされ、ジャンルはライトノベルになるのかな?

シリーズも長期化して、古典部は今から10年以上前の時代。

高校生が携帯電話を持っていないなど、スマホ世代からすれば信じられないだろうなぁ。

30代前半は懐かしく感じると思う。

2019.01読了/2019.06訂正

▽関連記事

 古典部シリーズではない米澤穂信の青春ミステリ

girl-book.hatenablog.com

 米澤穂信本格ミステリーを読みたいなら『満願』がおすすめ

girl-book.hatenablog.com

 

やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に!古典部シリーズ青春ミステリ『ふたりの距離の概算』米澤 穂信

このミステリーがすごい!」 2010年版 作家別得票数 第1位

古典部シリーズ第5弾 !

ふたりの距離の概算 (角川文庫)

ふたりの距離の概算 (角川文庫)

 

▽内容紹介

新入生の心変わりの真相は!?奉太郎は走りながら心変わりの真相を推理する! 

▽パラメーター

平易○・・・・難解

リアリティ○・・・・ファンタジー

個人的・○・・・社会的 

▽おすすめポイント

新1年生が古典部の入部を辞退した真相を、マラソン大会を走りながら突き止めてく。回想シーンでちょっとした謎解きもあるので、飽きない。

古典部4人の関係性もハッキリわかる一冊。

2019.03読了/2019.06訂正

▽関連記事

シリーズものではない米澤穂信の青春ミステリ

girl-book.hatenablog.com

 米澤穂信本格ミステリー小説

girl-book.hatenablog.com

 

 

あなたを助けたい。生きづらさを感じているすべての人に贈る物語『かがみの孤城』辻村深月

全国書店員が選んだいちばん売りたい本2018年本屋大賞受賞!

問答無用の著者最高傑作誕生!

かがみの孤城

かがみの孤城

 

▽内容紹介

学校での居場所をなくしたこころは輝く鏡をくぐり抜け、城のような不思議な建物へ。そこには似た境遇の7人が集められていた。

▽パラメーター

平易・○・・・難解

リアリティ・・・○・ファンタジー

個人的・○・・・社会的

▽おすすめポイント

一気読み。

ほぼ辻村深月の小説は読んだ私的に著者最高傑作だと思う。

ときどき個性が強すぎるキャラや辻褄合わせに感じるミステリー、長い背景描写に疲れることもあった。が、それがない。

辻村深月の魅力であるファンタジーとミステリーがギュッと凝縮されていて、面白い。

2019.10読了/2019.06訂正

▽関連記事

 辻村深月のリアリティ小説の中で個人的に一番おすすめ

girl-book.hatenablog.com

 直木賞受賞短編集

girl-book.hatenablog.com

 

恋人の名前を呼び間違えたときの対処方法は?『どうしよう』壇蜜

人生は“どうしよう”の連続。

壇蜜流の解釈でそのやり過ごし方(処世術?)を綴る書き下ろしエッセイ集

どうしよう

どうしよう

 

▽内容紹介

すっぴんの壇蜜が見えてくる書き下ろしエッセイ集。

▽著者紹介

 1980年生まれ秋田県生まれ。東京都出身。グラビアアイドル、女優、タレント。

▽おすすめポイント

壇蜜日記』と比べると壇蜜らしさというか、パンチが少々物足りない。

壇蜜日記』は壇蜜の日常を綴ったものに対して、過去やコンプレックス、考えを綴ってある。

壇蜜の今までの人生がわかる1冊。

2019.04読了/2019.06訂正

▽関連記事

girl-book.hatenablog.com