as I am

主に本のこと。たまに日記。

女の幸福とは?「こうふく みどりの」西加奈子




   

 

「こうふく みどりの」西加奈子

「こうふく」シリーズ第一弾(先に第二弾から読みました;汗)

girl-book.hatenablog.com

話としては繋がっていないけれども、実はどちらも「アントニオ猪木」が登場人物たちを勇気付け、支えている。そういうところでは繋がっていると言えるかも知れない。作者自身も“二つの物語は異質なもの“  “二つの物語はつながっている” と「こうふく みどりの」「こうふく あかの」についてで述べている。

こうふく みどりの (小学館文庫)

こうふく みどりの (小学館文庫)

 

 

あらすじ

めちゃめちゃ背が高い転校生コジマケンが気になる緑は14歳の中学生。夫が失踪中のおばあちゃん、妻子ある男性を愛した煙草ばかり吸っているお母さん、離婚できずにいる料理上手の藍ちゃん、藍ちゃんの4歳の娘の桃ちゃんと女ばかりの家で生活している。そして、夫を愛し続ける謎の女性棟田さん・・・。大阪で暮らす女たちのこうふくを描いた物語。

 

バラメーター ※ネタバレあり

恋愛度   ★★★☆☆ 星3個

コジマケンが気になっているのにそれが恋だとは気が付いていない緑。

対照的に親友の明日香は恋愛に敏感で中学生にして既に恋多き女である。

棟田さんの夫への一途な愛情には関心させられた。

コジマケンには驚いた。

友情度   ★★★☆☆ 星3個

美人の明日香とはクラスや恋愛に対する価値観が違っても緑にとって常に一緒にいる親友である。

クラスメイトの金田とのやり取りも中学生らしくて懐かしかった。

家族度   ★★★★★ 星5個

「うちの大事な嫁はん、あないに言われたら、こっちもやれん。」

 取材に来たお笑い芸人に金田の母ちゃんが失礼なことを言われ、金田の父ちゃんが言った一言。私も明日香と同じように「ええこと言いはるなぁ!」と思ってしまった。

「茜と、シゲの子供やから。」

お母さんが煙草を吸い終わった。

「だから、可愛いねん。」

おばあちゃんは、よいしょ、と腰をあげて、缶をゴミ箱に捨てた。

「自分の子供が、一番、一番、可愛いがなー。」

お母さんがその言葉を聞いて、嬉しそうに笑った。そして、やっとごはんを食べ始めた。

孫である緑と藍は可愛いのは自分の子供である茜とシゲだからとスラリと言い放ってしまうおばあちゃん!かっこいい!

おばあちゃんがいるからこその辰巳一家。

そして、藍ちゃんをシゲのかわりにどつくシーン。どつく、殴るといっても愛情があるからこそで、藍ちゃんも「父ちゃん!」と言いながら泣く。

おばあちゃんの家族が愛が溢れている。 

イケメン度 ★☆☆☆☆ 星1個

転入生のコジマケンには私も心が躍った。

背が高く、謎めいている、クラスの男子とは違う雰囲気を漂わせた転入生がきたら、そら学校中話題になるでしょう。

でも、コジマケンが学校を休みがちになり、話のネタにもならなくなるに連れて私も気持ちが弱まっていく。

それは女の感で、緑も早く察してしまっていたからかもしれない。

失恋した男への評価は自然と厳しくなる。

オシャレ度 ★☆☆☆☆ 星1個

オシャレではにと思う。

オシャレを気にしていちいち生活しないでしょ!と言われている気がする。

グルメ度  ★★☆☆☆ 星2個

藍ちゃんの作る料理はどれも美味しそうだ。

それは愛情がこもった料理であり、家族みんなで囲んで食べるからでもある。

 

感想

以前読んだ「漁港の肉子ちゃん」と似た雰囲気を持った小説だと思った。

主人公・中学生の緑ちゃんは学校、家族、友達、近所の人そして恋愛と普段の私たちと同じようにどれにも関わっていて、どれか一つだけに焦点を合わせた物語ではなく、ごくごく普通に「面倒くさい」だとか「ウザイ」なんて感情を抱きながら生活している。

女の幸福って人様々だよなー。当たり前のことなのに忘れてしまいがちなことが描かれている。無論、男(そうじゃない人も)の幸福も様々ですが。

 

girl-book.hatenablog.com