読書は趣味というより娯楽です

読書エッセー、たまに子育て日記

【青春×ミステリ】図書委員の二人の男子高校生が持ち込まれた謎を解く!『本と鍵の季節』米澤穂信

 

『本と鍵の季節』米澤穂信

 

「青春×ミステリ」と言えば、米澤穂信

新作の『本と鍵の季節』は古典部シリーズよりもビターなミステリ。

頼まれごとを解決することで見えてくる、さまざまな事情はちょぴりやるせない。

 

本と鍵の季節

本と鍵の季節

 

 

放課後の図書室に持ち込まれる謎に、男子高校生ふたりが挑む全六編。

爽やかでほんのりビターな米澤穂信の図書室ミステリ、開幕! 

 

内相紹介

堀川次郎は高校二年の図書委員。利用者のほとんどいない放課後の図書室で、同じく図書委員の松倉詩門と当番を務めている。

図書委員を引退した先輩女子が訪ねてきて、亡くなった祖父が遺した開かずの金庫、その鍵の番号を探り当ててほしいというのだが…。

図書室に持ち込まれる謎に、男子高校生ふたりが挑む全六編。

 

目次

913 

ロックオンロッカー

金曜に彼は何をしたのか

ない本

昔話を聞かせておくれよ

友よ知るなかれ 

 

パラメーター

平易・・★・・難解

リアリティ・★・・・ファンタジー

個人的・・★・・社会的

 

感想

オススメ度 ★★☆ 星2つ

主人公が図書委員は、今までにない設定で面白い。

図書室の本がキーワードになり、持ち込まれた謎を解決していくのは、本好きとしてはワクワクする。

堀川と松倉、この二人のキャラクターもいい。

謎を解いていくうちに、お互いを知っていくけれど、知らない部分もある。

口に出していいこと、口に出さないことがいいこと。

今後は二人の友情関係も気になるところ。

続きが読みたいです、米澤先生!

シリーズ化されたら映像化も期待しちゃうな。

 

関連記事

 『青春×ミステリ』といえば、<古典部シリーズ>!

girl-book.hatenablog.com

 社会情勢が絡んだ『本と鍵の季節』と同じく男子高校生が主人公の作品。

girl-book.hatenablog.com

 

ランキング

他の記事も読みたくなったら読者登録できます!

 

 

応援クリックお願いします

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 


読書日記ランキング