as I am

主に本のこと。たまに日記。

道警シリーズ第3弾!それぞれの警官が追いかける事件が絡み合い警察の闇を突き止める「警官の紋章」佐々木譲




警官の敵は警察にあり

警官の紋章 (ハルキ文庫)

警官の紋章 (ハルキ文庫)

 

 

内容紹介

内容(「BOOK」データベースより)

北海道警察は、洞爺湖サミットのための特別警備結団式を一週間後に控えていた。そのさなか、勤務中の警官が拳銃を所持したまま失踪。津久井卓は、その警官の追跡を命じられた。一方、過去の覚醒剤密輸入おとり捜査に疑惑を抱き、一人捜査を続ける佐伯宏一。そして結団式に出席する大臣の担当SPとなった小島百合。それぞれがお互いの任務のために、式典会場に向かうのだが…。『笑う警官』『警察庁から来た男』に続く、北海道警察シリーズ第三弾 。

オススメ度 星2つ ★★☆

実話を元にした作品・・・キャリアの考えることは恐ろしい。

感想

道警不祥事シリーズの最終作品になる第3弾「警官の紋章」は登場人物も増え、スケールも今までのシリーズよりもパワーアップしています。 私は時間をあけずに第1弾「笑う警官」、第2弾「警視庁から来た男」と読んできたこともあって、内容が理解でき楽しめました。読んでない人、前作を読んでから日が経ってしまった人(記憶力がいい人を別にすれば)には、前作までの作品と繋がり、絡みあっているので面白さが半減するのでは?と思います。

印象に残った文章

「日比野が失踪した理由がわかれば、目的地もわかる。そして、人間のやることはたいがい、履歴の中に予兆がある。警察の場合は、警務が扱っている情報の中で、不祥事の芽や可能性がすでに把握されている」

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村