as I am

主に本のこと。たまに日記。

偉人でも賢人でもない「空に牡丹」大島真寿美




 「空に牡丹」大島真寿美

親族が皆語りたくなるという静助さんの物語です。

明治時代を生きた偉人でも賢人でもない、凡人の静助さんの話が今でも語りづかれている、花火に魅せられた静助さんんとは一体どんな人なのか?

 

 

空に牡丹

空に牡丹

 

 

バラメータ 

 

恋愛度  

「許すも許さないもないから、好きにしたらいいと言っておいた。今はそういう時代だからね。そのうち、二人してここへ報せに来るだろう。さて、婚礼はどうしたものかなあ。(省略)」

 

家族度

丹賀宇多村に戻った粂に庄左衛門は言ったものだ。おまえ、もう洋物店はいいのか。

粂は返した。もういいですよ、もう気がすみました。

そうか、気がすんだか、と庄左衛門はうなずいた。気がすむまで、庄左衛門は、粂を好きにさせてくれたのだ、と粂はその時思い知った。

 

オシャレ度

 本音を言えば、粂こそが洋装をしてみたかったのである。

 けでども、丹賀宇多村で、女だてらに先陣を切るのはさすがに難しかった。

 そこで、ならばまず庄左衛門から、と粂は考えたわけだ。

 洋装もなかなかいいじゃないかと周囲に認めさせたいから、粂はずいぶん張り切った。洋服に合う洒落た帽子を被せ、ステッキを持たせ、靴を履かせた。懐には時計や老眼鏡。ポケットからこれ見よがしに取り出す筆記用具は太い万年筆。

 念には念を入れ、シャボンで身体を洗わせ、髭を整えさせた。