読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

as I am

主に本のこと。たまに日記。

美人作家のオシャレなエッセイ「りぼんにお願い」川上未映子

エッセイ 川上未映子



 

 

「りぼんにお願い」川上未映子

川上未映子さんと言えば、美人小説家というイメージ。

私は又吉直樹さんが本を紹介していて知った。

オシャレで美人で文才もあるなんて、私には羨ましくて仕方のない存在である。

そんな人が書く“オサレ”本はチェックしなくては!と新刊「おめかしの引力」を買おうとして、間違ってポチってしまったのが「りぼんにお願い」。違和感を感じつつも読み終わった後に間違えに気が付いたのだけれど・・・。

表紙からして“オサレ”感がすごい、しかも本人 。スゲー!

内容は女子トーク全開。金銭感覚とか恋愛普通とかとかフツーの感覚の持ち主でちょっぴり安心。あまりにもかけ離れていたら落ち込むから。

 

 

りぼんにお願い

りぼんにお願い

 

 

目次

 

1、女の子とりぼん

真夜中に、失われるもの、始まるもの

ふむふむ、指輪の処方箋1

ふむふむ、指輪の処方箋2

整形前々夜

恋愛かごはんか、それが問題

お化粧ポーチはみつからない

いつかドラマを超える日

女がマジで疲れるとき

おめかしは気分にのって

ズキンに処置なし

少女漫画のヒトコマに

耐えてこそ?

盛りガール

ふたりきりで最後まで

ブルマとブラジャー

お化粧売り場でひかるもの

て、天使のエプソン

わざわざに毛を捨てること

浮気、プライド、その他の極刑

今なら黙ってさよならだ

シンディ・ローパーのいる世界

2女の子とお願い

慢性淋心炎

入れ子はお好き?

WHERE ARE 恋や革命?

アイム・ルッキング・フォー、艶髪!

何度でも生まれ変わっていいですか

春雨が極北であるせいで

みんなも注意

呼び名はまだない

わたしのほんとの年齢は

離れゆく世事、世事

夢をみる、ちから

本当に不思議なつくりなり

笑えない、ここではないどこか

つまり分母は最高で

なるちゃん

運転席の冬

家族の人生に思うこと

情熱の時代は過ぎた・・・・・・どこへ?

あとがき

 

バラメータ

恋愛度   ★★☆☆☆ 星2つ

浮気、プライド、その他の極刑

今なら黙ってさよならだ

つまり浮気の報復の手段の妄想をしている。

暇だったからの妄想なのか、恋愛への情熱があったからなのかこういった類の妄想は盛り上がる。

結婚した今でも妄想に浸る私は果たして暇だからなのか、夫への愛なのか・・・。

それより自分が浮気しないように気をつけるべきか。

友情度   ★★☆☆☆ 星2つ

なるちゃん

そうよ、そうよ!と納得してしまった。

現実世界での友情関係はなぜか一時から連絡が途絶えてしまうことがあるのよ。

しかも原因が思い当たらない。

家族度   ★★☆☆☆ 星2つ

恋愛かごはんか、それが問題

長く一緒にいると恋愛相手ではなく、家族になってしまう。しかも、日本では世話焼き役になる傾向がある。これには私もどうしたものかと思っていたが、なるほどやってみてはいいかもしれない。

マンネリ対策としては「ベットを分ける」よりも「食を分ける」ということかしらん。

イケメン度 ☆☆☆☆☆ 星0つ

イケメンとの知り合うことが多そうだけど、登場なし。

そこは旦那様がいるからかな。 

オシャレ度 ★★★★★ 星5つ

盛りガール

期待通りのオシャレさ。

主にメイク、ヘアスタイルについて書かれている。

あのボブがカツラなことには驚き、とても似合っているし、川上未映子といえばボブ!のイメージだったので。

私も肌に関しては「乾燥」対策を重視しているので、この文章は嬉しかった。私も盛ってます!!っと心で叫んだよ。

まあ、肌にかんしては諸説あるなか、ただひとつ「乾燥」が大敵であることだけはおそらく確かなのだから、みんなもお手持ちのクリームを今夜ぬるというよりは、盛る感じで、どうかひとつ。

グルメ度  ★☆☆☆☆ 星1つ

春雨が極北であるせいで

麺好きは多いと思うけど、麺の中でも春雨が一番好きな人は稀だと思う。

美味しいけれど、確かに美味しいけれど。

およそ麺という名の冠せられたる物のなかであれほどまでにスープ、あるいは調味料と融合できる形態を保ちながら料理としての存在理由を余すところ無く発揮し、麺の本質は断然保守、これはもうごく控えめに言って春雨とは麺の極北であるのだった。わたし、春雨が大好きだ。

 

 

 

感想

期待を裏切らないエッセイだった。

「わかる!わかる!」と頷ける内容ばかりで、スラッと読めてしまった。

お高くとまった感じはしなくて、どこにでもいる女子の内容、文も会話調。

これは「おめかしの引力」も期待出来るかもしれない。

こんな女性いいなぁ、いいなぁ、ズルイなぁと更に憧れが強くなったよ。

 

おめかしの引力

おめかしの引力