読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

as I am

主に本のこと。たまに日記。

全女子必読「白いしるし」 西加奈子

西加奈子



 

 

「 白いしるし」 西加奈子

またも西加奈子さんの本。

一つの作品が気になると作家攻めしたくなるんですよね。

猫の後ろ姿の写真が表紙。

たぶん読み始めて、猫?何の関係?って思う。

ただ可愛いから使ったのかな、って。

で、「ぐわー!そういうことか!」ってなる。面白い。

白いしるし (新潮文庫)

白いしるし (新潮文庫)

 

あらすじ

恋を遠ざけていた32歳の絵描きの夏目。友人である瀬田を通して知り合った年下の間島の絵を見た瞬間から強烈に惹かれてしまう。恋人のいる間島とは結ばれないと知りながらも気持ちを抑えることは出来ない。

バラメーター

恋愛度   ★★★★★ 星5個

100パーセントの恋愛。

誰かを好きで、でもその誰かは誰かを好きで・・・。

友情度   ★★☆☆☆ 星2個

女と男の友情。

友達でも知らないことがある。

家族度   ★☆☆☆☆ 星1個

ある意味家族かな。

イケメン度 ★★★☆☆ 星3個

間島に惚れてしまう気持ちがわかる気がする。

世離れした男性というのに女性は滅法弱いのです。

オシャレ度 ★☆☆☆☆ 星1個

間島は全身黒ファッション。

そういうところもいいよね。

グルメ度   ★☆☆☆☆ 星1個

どちらかというと食欲なくなるかも? 

感想

私の今までの恋愛は偽者だったのかと思うくらい100パーセント恋愛小説。

いや、120パーセントかもしれない。

主人公の夏目は恋を遠ざけていたくせに好きになると一直線だ。報われない恋だとわかっていても止められないのだ。

私は結婚して、もうこんなに苦しい想いをしなくてもいい(おそらく)のだと思うとホッとすると同時に寂しく思う。

だから、小説で恋をする。

いつでも誰にでもなって世界を体験できちゃう小説がやっぱり好きだ。