as I am

主に本のこと。たまに日記。

東野圭吾

【加賀恭一郎シリーズ】青春の謎?!男女仲良しグループは成立するの?加賀恭一郎、最初の事件『卒業』東野圭吾

友達のことをどこまで知っているのか。 信用するのか。 友達だからこそ悔しいこと。 恋人だから許せないこと。 たぶん、 きっと、 ある。 卒業 (講談社文庫) 作者: 東野圭吾 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1989/05/08 メディア: 文庫 購入: 5人 クリック:…

【加賀恭一郎シリーズ】斬新!!日本橋人形町が舞台の本格ミステリー小説『新参者』東野圭吾

これがここにある理由は? 一見、事件とは関係のないもの。 証拠ではないもの。 事件現場にある一つ一つのものを事件と関係があるかないのか突き詰めることによって、謎が紐解け、解決に向かっていく。 この手のミステリーは初めて。 実際の事件もこうやって…

【ミステリー短編推理小説】人間って怪しい!あなたの隣人、信じられますか?『怪しい人々』東野圭吾

このマンションに住んで3年以上になる。 入れ替わりが激しいこともあって、隣人にどんな人が住むのかはよく知らない。 県外ナンバーの車が多く並ぶ駐車場を見て、私たちのような転勤家族が多いと推理する。 昼間の時間帯は静かだ。 部屋の間取りと家賃から…

【ミステリー短編推理小説集】人間って怖い!彼らはすべてを封印したはずだった。死者も犯罪も。『犯人のいない殺人の夜』東野圭吾

「赤ちゃんの匂いがするー!」 娘を抱っこすると友人たちは口々に言う。 この独特の匂い。 娘を産んだ今だからわかる。 この匂いの正体は・・・ 正体は・・・ 私のおっぱいミルクの匂いじゃー!! 赤ちゃんの匂いがしなくなった時、それは授乳が終わった時だ…

【加賀恭一郎シリーズ】日本橋に行きたくなる親子だからこそ起きた悲劇と奇跡「麒麟の翼」東野圭吾

ここから夢に羽ばたいていく、はずだった。 誰も信じなくても、自分だけは信じよう。 加賀シリーズ最高傑作 内相紹介 オススメ度 星2つ ★★ 感想 印象に残った文章 関連作品 麒麟の翼 (講談社文庫) 作者: 東野圭吾 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2014/02/…