as I am

主に本のこと。たまに日記。

島本理生

一人の女性と二人の男性の愛と救済「イノセント」島本理生

// 「イノセント」島本理生 「リトル・バイ・リトル」で恋の始まりを知り、「ナタラージュ」で愛の終わりを知りました。私にとって恋愛小説家といえば、島本理生さんです。私よりほんの少し年上の島本理生さんが書く小説ということもあって、主人公の年齢、…

読書芸人・又吉先生のオススメ「夏の裁断」島本理生

// 「夏の裁断」島本理生 暑苦しい夏に読むにはピッタリの本です。主人公が鎌倉の家で本を裁断している時は読んでいる私まで暑苦しいと感じますが、男性編集者と翻弄されている主人公には危なっかしくて冷や冷やします。最後は人間の怖さ、心の闇に怪談話並…