読書は趣味というより娯楽です

読書エッセー、たまに子育て日記

エッセイ

恋人の名前を呼び間違えたときの対処方法は?『どうしよう』壇蜜

人生は“どうしよう”の連続。 壇蜜流の解釈でそのやり過ごし方(処世術?)を綴る書き下ろしエッセイ集 どうしよう 作者: 壇蜜 出版社/メーカー: マガジンハウス 発売日: 2016/02/18 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る ▽内容紹介 すっぴん…

【ブックガイド】読みたくなる本に出会える!小泉今日子のおすすめ本97冊『書評集』小泉今日子

キョンキョンが読んでるなら読んでみたい 私にとって小泉今日子はアイドルではなく“女優”だ。 アイドル時代を知らない世代ということもあるし、『最後から二番目の恋』『あまちゃん』など好きなドラマに出演しているせいもある。 女優が薦めているものは何で…

【ANA機内誌】これが悪人の素顔です!作家の旅行を垣間見るエッセイ『作家と一日』吉田修一

機内誌を読むことは飛行機に乗る楽しみの一つ。特に贔屓をしているわけではないけれど、私はJALに乗ることがわりかし多い。多いと言っても、年にほんの数回しか飛行機は乗らないのだけれど。なので、ANAに連載されているものを読むのは新鮮だった。 ダ…

【自伝的エッセイ】生き方を模索している人へのヒント!自分で進むべき道を選び、歩んでいく『職業としての小説家』村上春樹

村上春樹は何を隠そう私が一番好きな小説家である 仲の良い友人が村上春樹のファンだった。その友人に奨められて中学生の時に初めて『ノルウェイの森』を読んだ。何だかとっても厭らしいと思った。主にヤングアダルト本しか読んだことがない私には大人の本だ…

【魅力に溢れた女性の共通点】自分で進むべき道を選び、歩んでいく『パリのmatureな女たち』雨宮塔子

mature(精神的に成熟した)な魅力に溢れた女性の共通点は2つあるという。他人の人生をジャッジしないこと。そして、言い訳をしないこと。 私はとてもimmature(未熟)だということに気付かされた。見ず知らずの人の人生をSNSやワイドショ…

【未婚のプロ】何歳になっても「ベストな私」でいる方法『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』ジェーン・スー

加齢すれども女子魂は死せず! 人は無意識に他の人と比べて自分のポジションを確認する所属の欲求があるという。女子は“既婚”か“未婚”(男子は“有職”か“無職”)というプレッシャーを感じながら生きている。 私は20代で結婚をし、今は無職。ジェーン・スー…

どんな人でも死なないかぎり生活はつづくのだ『そして生活はつづく』星野源

大人気マルチタレント星野源の初エッセイ! トイレか旅のお供にくだらない笑いをどうぞ。 そして生活はつづく (文春文庫) 作者: 星野源 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2013/01/04 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 16回 この商品を含むブログ (46件)…

マタニティ、ママが涙する出産・育児エッセイ「きみは赤ちゃん」川上未映子

夫婦円満 安産祈願 きみは赤ちゃん (文春文庫) 作者: 川上未映子 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2017/05/19 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 芥川賞作家 号泣と爆笑の出産・育児エッセイ 内容 感想 目次 出産編 できたら、こうなった! …

謎に包まれた作家生活、母でもある直木賞作家のエッセイ「図書室で暮らしたい」辻村深月

作家の日々は、真剣かつ貪欲。 好きなものが多すぎて、ごめんなさい! 図書室で暮らしたい 作者: 辻村深月 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2015/12/25 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 特別収録!短編「おじいちゃんと、おひさまのかおり」…

頭を使わず気軽に読みたい【エッセイ】「おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラジオ2」村上春樹/大橋歩

おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2 作者: 村上春樹,大橋 歩 画, 出版社/メーカー: マガジンハウス 発売日: 2011/07/07 メディア: ハードカバー 購入: 8人 クリック: 204回 この商品を含むブログ (90件) を見る “日本一おいしいウーロン茶のよう…

直木賞史上初の平成生まれ受賞作家の初エッセイ「時をかけるゆとり」朝井リョウ

時をかけるゆとり (文春文庫) 作者: 朝井リョウ 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2014/12/04 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (9件) を見る 圧倒的に無意味な読書体験 「ダ・ヴィンチ」BOOK OF THE YEAR 2015(エッセイ・ノンフィクションランキ…

芸能人のエッセイ、損などさせられるものか『泣くなら、ひとり 壇蜜日記3』壇蜜

「美しいまでの潔さ!思わず抱きしめたくなった」作家・柚月裕子さん驚愕 文庫書き下ろし日記、待望の第三弾。 竹取物語をベースにした、壇蜜初の短篇小説「光ラズノナヨ竹」(「オール読物」掲載)を特別収録 泣くなら、ひとり 壇蜜日記3 (文春文庫 た 92-3) …

文字の世界へじわじわと入国してゆく事を許されはじめている『壇蜜日記2』壇蜜

壇蜜日記を読んでから壇蜜に親近感を覚え、壇蜜に憧れている。 人はこれをファンと呼ぶ。 // 壇蜜日記2 (文春文庫) 作者: 壇蜜 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2015/09/02 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (5件) を見る ▽内容紹介 壇蜜34歳に驚愕…

聴いてみたくなる音楽、読んでみたくなる本が満載!直木賞作家の6年分のエッセイ集『まにまに』西加奈子

「まにまに」西加奈子 の読書レビュー、あらすじ、バラメーター(恋愛、友情、家族、イケメン、オシャレ、グルメ)を五段階評価。

女子のあれこれを語りましょう!美人作家のオシャレなエッセイ「りぼんにお願い」川上未映子

「りぼんにお願い」川上未映子の読書レビュー、あらすじ、バラメーター(恋愛、友情、家族、イケメン、オシャレ、グルメ)を五段階評価。

脱いでも着ても魅力的。脱げば脱ぐほど謎だらけ「壇蜜日記」壇蜜

「壇蜜日記」壇蜜の読書レビュー、あらすじ、バラメーター(恋愛、友情、家族、イケメン、オシャレ、グルメ)を五段階評価。

旅と家族をめぐる個性派俳優のエッセイ「グアテマラの弟」片桐はいり

エッセイ「グアテマラ弟」片桐はいりの読書レビュー、あらすじ、バラメーター(恋愛、友情、家族、イケメン、オシャレ、グルメ)を五段階評価。

映画化多数の人気作家エッセイ 『仙台ぐらし』伊坂幸太郎

宮城県の出版社・荒蝦夷(あらえみし)の地域誌・仙台学の連載エッセイ 人気作家・伊坂幸太郎の仙台での暮らし 仙台ぐらし (集英社文庫) 作者: 伊坂幸太郎 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2015/06/25 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (6件) を見る ▽…