as I am

主に本のこと。たまに日記。

【胎教】お腹の赤ちゃんに読み聞かせている絵本

お腹の赤ちゃんは音が聞こえるようになりました。

音楽を聴いたり、絵本の読み聞かせをしています。

音楽はクラシックを聴いていましたが、お母さんが好きな音楽を聴くと赤ちゃんも喜ぶと聞き、絵本も私が好きだった本を読むようにしています。

 

「こんとあき」

林明子さんの絵本はどれも大好きです。

「こんとあき」は弟が大好きな絵本で何十回も読んであげた思い出の絵本です。

こんがとても可愛いのです。

主人が夫の台詞を言うのが定番で、こんのようなぬいぐるみを買うと意気込んでいます。

主人は初めて読んだとき、泣きそうになっていました。

大人も楽しめる本だと思います。

(Amazonレビューでも高評価4.9です!)

こんとあき (日本傑作絵本シリーズ)

こんとあき (日本傑作絵本シリーズ)

 

 

ぐりとぐら

みんな大好きぐりとぐら

ぐりとぐらが大きなカステラを作るのですが、どう見てもホットケーキにしか見えません(笑)

ホットケーキが無償に食べたくなって、つい作ってしまいます。

子供が4歳くらいになったら「ぐりとぐら」を読みながら、ホットケーキを一緒に作りたいです。

小さい頃は森の動物たちが集まっているシーンが好きでした。

妹と動物を当てるゲームをしていたような気がします。 

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)

 

 

「ママ、あててみて!」

こちらも林明子さんです。

破れるほど母に読んでもらった絵本です。

こちゃん あそびましょ!と誰が来たかママがあてる内容です。

少しずつ扉が開いて、みこちゃんの部屋の様子が見えるところにワクワクしたのを覚えています。

私はみこちゃんを自分の子供に名づける予定の名前にかえて読んでいます。

ママ、あててみて! (はじめてよむ絵本)
 

 

「だるまちゃんとかみなりちゃん」

主人が好きだった絵本です。

だるまちゃんシリーズは他にもあり、私は「だるまちゃんとてんぐちゃん」が好きでした。

久しぶりに読んでみると内容がない絵本で驚きました。

たぶん絵に夢中だったんだと思います。

かみなりちゃんの住む街は男の子が好きそうな近未来感が漂っています。

だるまちゃんとかみなりちゃん (こどものとも絵本)

だるまちゃんとかみなりちゃん (こどものとも絵本)

 

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村