読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

as I am

主に本のこと。たまに日記。

社会人になる前に読もう!学校では教わらない生きていく上で必要な知識「知らないと損する 池上彰のお金の学校」池上彰

知らないと損する 池上彰のお金の学校 (朝日新書)

知らないと損する 池上彰のお金の学校 (朝日新書)

 

金利とは?

お金はどうやって発行するの?

なぜ円高か?

格安のカラクリとは?

お金のすべてがわかる!

 

内容

 

そもそも、お金とは何でしょう?

金利とは? 株とは?

保険とは? GDPとは?

あなたは説明できますか?

知らないと損する 池上彰のお金の学校 (朝日新書)

知らないと損する 池上彰のお金の学校 (朝日新書)

 

 わかりやすい解説で定評のある池上彰が、わかっているようでわかっていない、お金のしくみを徹底解説。

基礎がわかれば、お金の流れがすんなりわかる!

 

感想

 

お金についての知識の復習目的で再読。

お小遣いを貰って、銀行に口座をつくって、給料を貰い、保険に入る。ローンを組んで家を購入し・・・こんなにも身近な存在であるのにお金について学校で習うことはありません。お金についてはみんな自分で勉強するしかないのです。

数年前に本書を読んでから、銀行、保険につては人任せではなく、自分で調べ勉強して決めるようになりましたし、格安商品の裏側も考えてから購入するようになりました。みんな入っているから保険に入る、知らないから投資はしないという判断はお金の知識の差であり、その差がますます貧富の差にも繋がるのではないかと思います。出来れば社会に出る前にこの手の本を読むのがおすすめです。

あとがきに学生が強い反応を示した機会費用について書かれています。

あなたがある選択をすることで、他の選択を放棄している。このように考えると、いまとっている行動が大変貴重なものであることがわかってきます。

 あなたも、この本を購入したことで、他のことにだって使えるお金を支出しました。この本を読むことで、別の楽しい時間を過ごすチャンスを捨てました。

 それだけの機会費用を払ってまで、この本を読んだのですから、それだけの効果があることを切望します。

時間とお金の“他の選択の放棄”。このブログを書く、または読むことも他の選択を放棄している行為です。意味のあるもの、意味のあったと思えるようしていきたいです。

 

 

目次

 

まえがき

一限目 お金の歴史

そもそも、お金とは何でしょう?/「紙幣」の誕生

両替商から銀行へ/日本銀行の誕生と統一の紙幣

日本銀行の役割① 銀行にとっての銀行/日本銀行の役割② 政府の銀行

日本銀行の役割③ 紙幣を発行する発券銀行

国債の量が紙幣の量を決める

二限目 銀行

銀行はどうやって儲けているの?

金利

金利とは「我慢料」と「レンタル料」/日銀が金利を決めていた時代

国が決める短期金利/市場が決める長期金利

リーマン・ショックから読み解く金利の動き

銀行の賢い利用方法

ローンと信用実績/ローンを組みやすい人、ローンを組みにくい人

メインバンクをつくろう/自分の信用度を育てていく

変動金利が得なのか、固定金利が得なのか

「手数料」はコストカットのため/ネット銀行

三限目 投資

株式投資

株って儲かるの?/証券会社は何をやっているか

株式会社にお金が入る仕組みとは?/株式会社の歴史

ウォール街の誕生/日経平均は日本の体温

株価

株価が上がるとどんな得があるのか/株式分割の怪

非上場にする意味

債券

格付け会社の役割/外国債を買う時は証券変動リスクに気をつけて

投資信託

投資信託とは?/信託報酬って何?/金融広告に気をつけて

目論見書をしっかり読む/ファンドの仕組み

「お金を儲ける」以外の価値がある

忘れてしまうくらいの額がちょうどいい

FX

FXはギャンブルなのか/証券金取引って何?

金投資

通貨の信用が落ちると、金の価値が上がる

「売り」の量が限られている

ETF

わかりやすさが特徴のETFETFの種類/ETFよもやま話

先物取引

先物取引の仕組み/先物取引は江戸時代に始まった

四限目 保険

保険は何のためにあるのでしょうか?

生命保険

貯蓄型と掛け捨ての違い/保険金不払い問題について

がん保険は「現代の保険」/保険と貯蓄は同じ役割

損害保険

損害保険はイギリス発祥/保険会社の保険会社

年金

年金は「長生きするリスク」に備えた保険

年金制度加入はなぜ「義務」なのか

五限目 税金

税金は何のために払うか/税金の使い道を決めるプロ=政治家

税の形が国の形を決める/大きな政府、小さな政府/直接税と間接税

所得税

所得税控除の仕組み/サラリーマンと確定申告

消費税

大反対を押し切っての導入/消費税は「預かりモノ」

特別会計という“類似”税金

空港と高速道路の建設費は誰が払っているの?/高速道路も特別会計

NHKの受信料は「受益者負担

特別授業・一 ニュースの中のお金

なぜ円高か

世界中のお金が日本で雨やどり!?/通貨引き下げ競争

日本の円高は「仕方がない」!?/円高だと何が起きるのですか?

なざ震災後に円高になったのか/効果が少ない日本の単独介入

GDP

震災でGDPは下がるの?/中国のGDPが日本を抜いた

経済成長率とは何か?/中国経済の本当の力は?

裏の経済はGDPに入らない

デフレとインフレ

お金持ちに有益なのがデフレ/借金をしている人に有益なのがインフレ

名目金利と実質金利

特別授業・二 身近なお金

給料とボーナス

給料について/インフレ・デフレと給料の関係

ボーナス制度の二つの意味/人件費と内部保留

格安商品の仕組み

「一つ」に絞ってコスト削減

定年になったばかりのパイロットは即戦力で格安!

「格安」でも稼げる仕組み/グルーポンの仕組み

アウトレット、格安旅行の仕組み

ギャンブルの経済学

宝くじ、競馬について/ギャンブルの経済効果

外国人限定のカジノをつくればそこは豊かになる!?

あとがき

結婚生活2年目のアラサー主婦が妊娠検査薬を初めて使いました・・・結果は?(判定結果画像あり)

生理が遅れていたので、初めて妊娠検査薬を使いました。

失敗?とかしたら嫌だなと思い、プレセルフ2回用を主人と一緒にドラックストアで購入しました。

生理予定日の1週間後から検査可能で、99%以上の正確さの検査薬です。

 

【第2類医薬品】プレセルフ 2回用

【第2類医薬品】プレセルフ 2回用

 

 

判定結果が薄く、心配になったので日を改めて再び挑戦。

それでも薄いですが、判定の所に線が・・・

ネットで画像検索すると同じような画像が出てくるので間違いないかと思います。

 


f:id:tonarino-k-yome:20170109201534j:image

 

産婦人科に行ってきます。

子育ての本を読まなくちゃ!妊娠中いっぱい本読めるかな?早く絵本読んであげたい!はやる気持ちが抑えられません。

 

本好きアラサー主婦の本の買い方・読み方

読書家のみなさんは本をどこで購入し、どう読んでいるのでしょうか?

紙で読むか、デジタルで読むか。

購入するか、借りるか。

今回は私の本の買い方、読み方を紹介します。

f:id:tonarino-k-yome:20170102042911j:plain

 

本の買い方

 

決まった本は探す手間が省けるネットで、読みたい本がない時は本屋で探索します。暇つぶしに本屋に行くのが好きです。本屋によってオススメの本や売れ筋が違うのが面白いですよね。 2~3年単位で引越しするので荷物を減らすために、何度も繰り返し読む本以外は読み終わったら売ってしまいます。

 

小説

好きな作家は読書メーターで新刊の発売日をチェックしています。

そのままネットで予約することもありますし、本屋で見てから買う、または買わないこともあります。

好きな作家の過去の本は文庫本か中古本を購入しています。気になった本は中古本か図書館で探したりもします。

 

雑誌

dマガジンを利用しています。

ファッション誌を読む目的で登録しましたが、他のジャンルも目を通すようになりました。

400円(税抜)で170冊以上の雑誌がドコモ以外の人も登録でき、スマホタブレット・PCから読めるのでおすすめです。 

付録が読めなかったり、ジャニーズの写真はなかったりしますが、月々400円は1冊雑誌を買うより安いので重宝しています。

 

実用書、新書

店頭で帯、目次を読むことが殆どです。

目次で気になった項目があればその項目を読みます。

家で読みたいと思った本はamazonのレビューをチェックし、購入します。  

 

漫画

自分で購入している漫画は「3月のライオン」1冊のみです。

主人が購入している漫画も読みます。好みが合わない本はレンタルします。

今後、完結していて何度も読みたくなる漫画はデジタル版を買いたいと思っています(金銭に余裕があれば)。

 

本の読み方

 

移動中またはお風呂の中で読むことが多いです。

借りた本以外は単行本も文庫本も関係なくお風呂で読みます。

移動の際は荷物になるので、文庫本です。

最近は主人を待つという時間が増えた為、カフェで読んだり、家でも読みます。

読み方については正しい、正しくないというよりも、自分が楽しいと思える読み方であればいいと思っています。

 

小説、漫画

小説と漫画はストーリーとキャラクター重視のエンターテイメントとして楽しんでいます。細かい描写はどんどん飛ばして読んでいきます。ミステリーや内容が重い本をあまり読まないこともあって、一般的な文庫本(250ページくらい?)は30分くらいで読んでいると思います。

漫画は文字というよりも絵で勝手に解釈しています。

小説も漫画も読み返して、新しいことに気が付くことが多々あります。忘れてしまっている部分もありますが、単純に読んでいないところもあるからだと思います。それはそれで面白いと思っています。

 

雑誌

どんどん捲って気になったページしか読みません。

最初から最後まできちんと目を通すことはほとんどないです。

なので、美容室で渡される雑誌はすぐ読み終わって退屈になってしまします。

欲しいものや気になるもの、チェックしておきたいところはスクリーンショットをして、見返したりもします。dマガジンのいいところです。

 

実用書、新書

「まえがき」「はじめに」といったページを読んだ後は目次を見て気になった項目の部分から読みます。

だいたい重要な部分はまとめられていたり、太字になっていたりと目立つようになっているので、そこを読んでいきます。わからない部分は前後の文章を読むスタイルです。

小説と同じで早く「結果(結末)」が知りたいがためです。

勉強になった部分や読み返したいページには手元にある葉書やレシートを挟むクセがあります。

しおり、付箋に切り替えようとは思っているのですが手っ取り早いのでつい。

最近はブログに感想を残すように(アウトプット)しているので、前よりはインプットの質も上がっていると思います(そう願いたい)。